FC2ブログ

河津筏場マス釣りまつり

マス釣りまつり
ファミリ―で楽しめるマス釣りまつりです。
DSC05259_convert_20120420181941.jpg
釣りたてのマスをスタッフ(おじさんたち)が炭火で焼いてくれます。(有料)
釣道具や餌もセットされています。

明日は渓流釣り解禁。

本日は雪で源流の天城連山には積雪が、温暖な河津川水系も水温は相当低くなりました。
餌釣りなら無難なイクラ?・・・フライは早朝からドライなんて考えないで、ニンフやストリマーかも?
数日前はライズも吊り橋の前後で確認してますから、天気が良くなれば日中ならドライにバイトしヒットも有るかも2012kawadugawa.jpg

ランディングしたアングラーは最高の日になるでしょう。


河津川の秋の味覚の王様はズガニです。

河津川に鮎放流


河津川漁協は鮎の追加放流を7月25日に行った。

庭にグミの実が2つなりました。
撮りました
食べました
 渋々

gumi20110621161934.jpg

河津川の鮎試し釣り

河津川漁協は23日、河津川9ヶ所でアユの試し釣りを行った。当館の前では午後から川原の掃除してから2時間の試し釣り調査が行われた。9ヶ所の平均は13、2匹の釣果だった。アユ釣り解禁は6月5日となります。釣果は組合員9人で119匹、体長が最大21㎝最小15㎝、重量は95g平均69,44gで漁協は「天候が悪く、上流域は水温が低く。アユの追い状況が悪かったが、中・下流域はまずまずの釣果。重量は期待以上だった。水温が高くなれば解禁日は期待できそう」とアユの育成状況を公表した。詳しくは河津川漁協ホームページ
IMG_5053.jpg
この画像は蛍まつりのアユの塩焼き風景です。

turibito012.jpg

003_20110601124211.jpg
私のスイカ栽培。


002_20110601124616.jpg
私のトマト、ナス栽培

麦こき


御近所で麦こきしてました。脱穀機が骨董品?懐かしく思う・・・

ます釣りまつり始まりました。

河津町川津筏場ます釣りまつり開催。
5月3・4・5日迄

masuconvert_20110503091653.jpg

masumasu20110503092012.jpg

masu0503.jpg

masuturi20120503.jpg

izu20110419084953.jpg
4月19日AM7:00 伊豆の海(奥石廊)を撮りました。

3月6日の河津桜

3月6日の河津桜です。
001_20110306101837.jpg


続きを読む

うなぎ釣り

今年は9月になっても猛暑でした。数日前までは前の川ではうなぎの穴釣りの漁師をよく見かけました。
うなぎの穴釣りは細い竹竿の先にハゼ(当地ではネボウボチ)を餌にして、石と石や砂の隙間をさがして
細い竿の先に餌を付け穴の中にいれ少し待つ、うなぎが入れば食いつくのですが9月になると何回か漁師が攻めているのでうなぎはすれて釣るのが難しくなります。私のところでは昔に大うなぎを釣り話題になりました。
unagi20100921112053.jpg

渓流釣り

源流に朝もやの中に日が差し込み始めた。
梅雨入りしましたが水量少なく雨待ちで現状。
釣果期待できそうもなく帰ることにしました。



渓流釣り解禁

turi20100301092952.jpg
河津桜が満開のなかで渓流釣りが1日解禁しました。先日の雨で水量は多くフライマンにはポイントが少なく残念。餌釣りの方が釣果があったようです。

幅広アマゴを釣る。

河津川漁協はアマゴ成魚放流をしたようです。私の確認ですが吊り橋下のプールでライズが数匹ありましたから放流されてます。天然物は縄張りがありますから一匹のライズのみです数ヶ所バシャバシャですから。そして、今年のサイズは小型かも?したがってアングラーの満たす限りの最新できめ細かいラインナップ。ティペットには特にきめ細まやかさがあればアマゴは貴方に応えてくれるでしょう。河津川は解禁からドライフライ面白いし水面が割れアマゴがくわえる瞬間を見る楽しさと感激は満たしてくれるでしょう。まして自分でフライをタイイングしたものでヒットした感動・・・・(フライタイイングは教科書にあるリアルなドライフライであれば必ず釣れますか。そうではない、いかにその場にいるように似せて演出できるか、また、正確にポイントにキャスト&プレゼント)アマゴが待っている好みのフライをそっとプレゼントしてあげなければアマゴは食いついてはくれないのです。釣りなんて、カンタンだ!ご宿泊はファミリー&リゾート川ばたをご利用くださいませ。お待ちしております。
IMG_0310_2s.jpg
IMG_0314_21s.jpg
image33.jpg
佐ヶ野川のこのようなプールには大きいサイズがいますから要注意。
プールはバックも十分ありますロングでふわふわで?
IMG_0264.jpg
本流筋は解禁から数日はアマゴは神経つかってフライは食わないようにしていると思いますので。。。・・・美味しそうなドライフライが口元にプレゼントして勝負していただきたい?

渓流釣り情報

2010kawaraizu.jpg

河津川2010の2月8日ライズ確認。私のポイントで今年1番を私は確認したのです。この時期はライズで魚体は確認できませんが楽しみが出来ました。毎年トップで始まる勝負の場所で確認。始まりましたゲームの時が、私が毎日川面を見ていることが山女魚にはわからないしライズしたら私に居場所を教えているようなもの。解禁となれば山女魚の口元の美味しそうなものをパラシュウト付で真っ赤なアダムスを熱く熱く巻いてプレゼントしてあげます。こころよく受け取って熱く熱くファイトしてそしてランデングネットにおさまって頂きたい。アングラーに一言、温暖な河津はドライで勝負ですから。


“河津三郎祐泰”
かわづさぶろうすけやす
DSC00852_kawazusaburou.jpg





日本の三大仇討ち物語の一つ「曽我(そが)物語」のルーツ
曽我兄弟の父 谷津に館の内(たてのうち)という地名があり、バス停には館跡(やかたあと)と書かれている。この辺りが平安時代の末頃に河津氏の館があった場所といわれている。河津三郎の父伊東祐親が建てたもので、北条政子(源頼朝の妻)の母、曽我物語で有名な河津三郎の子五郎時致と十郎祐成がこの館で生まれています。
曽我物語のルーツはその頃の伊東の領地争いからはじまります。工藤祐経から伊東祐親暗殺の命をうけた大見の小藤太と八幡の三郎は奥野で頼朝一行と狩りを楽しんでいた祐親を赤沢山で待ち伏せします。一番手の大見は機をのがしてしまったが、二番手の八幡の三郎が放った矢は目的の祐親ではなく、側にいた河津三郎に当たってしまいました。三郎はちらりと見えた敵の名を告げ、「妻子をたのむ」と一言残した後その場で息をひきとりました。その後、妻の万却は子供を連れて相模に住む曽我の太郎と再婚。そして十八年後、曽我兄弟は元服し、富士で巻狩中の祐経を夜いんに乗じて襲い、見事に父の敵を討つのでした。


DSC00855_tikaraisi.jpg



河津八幡神社
河津三郎の力石 谷津の河津八幡神社の境内に、力持ち河津三郎が力だめしに使っていたといわれる手玉石(約60Kgから270Kg)がある。(河津三郎の力石の写真を場所がかわって撮り忘れてきました。)


手玉石とは、「かるく手玉にとる」からきている。河津町出身の彫刻家後藤白童氏の作「河津三郎力石」の像には、名横綱双葉山書の題字が刻まれている。神社には祭神として三郎と曽我兄弟がまつられ、これにあやかって大祭の日の11月14・15日には子供相撲大会が催される。


相撲四十八手の珍手
かわづ掛けの考案者 「河津掛け」は相撲四十八手の一つで一年六場所あるうちに一回使われるかどうかの珍しい技。プロレスでジャイアント馬場の得意技「河津落とし」というのがあるが、これは河津掛けにあやかったものである。そもそも河津掛けは河津三郎が考案者といわれ、その歴史は古い。時代は平成、貴乃花対貴ノ浪の同部屋対決による優勝決定戦。苦し紛れにかけた河津掛けで貴ノ浪が優勝した。その時の国技館はわれんばかりの大拍手だったそうです。

説明文は河津町いにしえまっぷより

アマゴ釣りました。

marico amao

釣り人:まりちゃんV(^-^)
職業:美容師
8月4日夕マズメ
河津川「川ばた」前の吊り橋下
サイズ:30㎝
エサ:マグロ切り身

あゆ友釣り大会

第56回県あゆ友釣り競技選手権大会が5日、河津川で開催された。
団体戦は大井川漁協チームが優勝。個人の部で稲生沢漁協の
内田末男さんが優勝しました。

2009ayutaikai.jpg

2009ayutaikai01.jpg
河津漁協チームの正木さんも頑張りました・・ご苦労さまでした。
月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kawabata
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
ブログ内検索
リンク