FC2ブログ

きんめ鯛の煮付

きんめ鯛の煮付当地では昔からめでたい時のお祝い膳には
欠かすことのできないきんめ鯛の煮付とお決まりです。
祝いのきんめ鯛には絶対に包丁は使わずエラの所からエラワタを取り去ります。
また、日本酒と砂糖に醤油で甘辛く煮あげます。
きんめ鯛の姿を綺麗に皮がはがれないように煮上げるのには気を使います。
鮮度の良いきんめ鯛を煮汁が覆うように煮ます。また、ふわっと煮上げるのには煮すぎは禁物です。
鯛に火が隅々まで通ったころ火から下ろして今度は冷ましながら時間をかけて煮汁を身に吸い込ませます。
脂がのった美味しいきんめ鯛は煮上げた直ぐは味がぜんぜんしみていません。
また、数回煮汁を鯛の上から掛けます。これもしませんとつやも出ません。

たまに御客様できんめ鯛の煮付が冷たくがっかりした・・・投稿を見かけますが
当地では御祝いに熱々のきんめの煮付を出しますと長老からい一言「忙しくたってきんめの煮付は早くから煮てくもんだ」食通の方は半分残して翌日に煮こごりになったものを召し上がる、これがまたまた美味しいのです。
当館ではきんめ鯛は煮付が十分しみ込んだきんめ鯛の煮付です。


IMG_4987.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kawabata
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
ブログ内検索
リンク