FC2ブログ

温泉地視察

温泉地視察。5日に我が家6時20分出発。河津駅58分の伊豆急線に乗り熱海より新幹線で東京。東北新幹線に乗り継ぎ盛岡から秋田新幹線の田沢湖で下車13:01でした。盛岡ぐらいから車窓は雪でした。田沢湖駅で仲間と昼食をとることにした。駅を出た正面の土産物と食堂のあるお店でした。時間に余裕も無いので皆さん同じ物で十割そばをいただきました。そばは美味しかったし、つゆの中に入っていた山菜が大変美味しかった。腹ごしらえして路線バスで田沢高原へ向かう、そこから宿のバスに乗り換え、本日の視察地、乳頭温泉郷の秘湯「鶴の湯」へチェックインしのは16時過ぎ、早速に源泉や各温泉の白湯、黒湯等の数多いお風呂も見させていただく。
積雪も1m位有った感じがしました。雪の中で露天風呂はまた格別なものでした。
夕食前に鶴の湯の社長様のお話を聞かせていただきました。人里離れ秘湯の宿の生い立ちからお話を聞かされ350年の乳頭温泉にまつわる苦労話には秘湯を守る生き様を感じました。源泉所有者の一人として地下資源の温泉は大事にしていかなければと再認識しました。
200612051526000.jpg

12月6日06:30起床
昨晩は視察でしたから夕食のお酒も大分ひかえましたので本日の体調も好く早く起きることができた。仲間を起こすのも悪いので静かに朝風呂に出かけてみた。そこは朝日に照らされてまぶしいくらいの銀世界。お風呂にはすでに数人が入られていた。まづ白濁湯混浴露天風呂に入っり次に黒湯にも入ってみた、どの湯も肌で味わうことの贅沢でした。
体が温泉から癒しをいただいたところで皆さんと朝食処にでかけた。
朝食は一人膳に山菜料理が美味しそうにならんだ。当館の朝食とはかなり違っていたので秘湯の朝食膳を味わうことができ勉強にもなった。
・・・・・・
アウト後、鶴の湯の社長様のご好意により乳頭温泉郷の源泉数箇所を案内していただくことになりました。支配人様の丁寧な案内で源泉の泉質等の説明をお聞きしました。白濁、黒濁、無色、また、含鉄泉、硫黄泉、硫酸塩泉等々の泉質が違う温泉地を視察できよい勉強になりました。田沢湖を一周までしていただき感謝感激でした。
田沢湖駅に着き昼食を前日の鶴の湯さん直営のお店に入り、またまた、十割そばせいろを皆さんが注文したのには驚いた。あまりにも美味しかったので、そばを土産にと店員さんに声を掛けるとそばはこの辺の名産ですか!!!さ(ソ)ばは採れないと言われショック!!
直ぐ目に飛び込んだ秋田名物きりたんぽ630円を3個買うことにした。あまり大きくないバックに無理にきりたんぽを押し込んで新幹線に乗り込んだ。田沢湖→東京→熱海までは快適。熱海→河津チョッと我慢。河津着19:41皆様ご苦労様でした。解散
おやすみなさい。

200612051526001.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリー
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kawabata
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
ブログ内検索
リンク