FC2ブログ
2009 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 01
餅つき
2009/12/08(Tue)
12月5日前日の悪天候から本日は素晴らしい天気に恵まれて、団体様に餅つきをしていただきました。
DSC00723_convert_20091209165902.jpg
午前十時頃から餅米を蒸かし始め。
DSC00715_convert_20091209170114.jpg
さ~餅つきの始まり。
DSC00719_convert_20091209170358.jpg
ついた餅をのし板に取りみんなでちぎり出し、初めにきな粉餅を作りました。


DSC00732_convert_20091209170519.jpg
2うす目は辛子餅で、3うすめは砂糖醤油などお好みで。


DSC00735_convert_20091209170653.jpg

皆様お餅でお腹もふくれ最後に記念写真でチェックアウトとなりました。
ありがとうございました。またのお越しをお待ち申し上げております。
スポンサーサイト
この記事のURL | 川ばたオーナー | ▲ top
きんめ鯛の煮付
2009/12/07(Mon)
きんめ鯛の煮付当地では昔からめでたい時のお祝い膳には
欠かすことのできないきんめ鯛の煮付とお決まりです。
祝いのきんめ鯛には絶対に包丁は使わずエラの所からエラワタを取り去ります。
また、日本酒と砂糖に醤油で甘辛く煮あげます。
きんめ鯛の姿を綺麗に皮がはがれないように煮上げるのには気を使います。
鮮度の良いきんめ鯛を煮汁が覆うように煮ます。また、ふわっと煮上げるのには煮すぎは禁物です。
鯛に火が隅々まで通ったころ火から下ろして今度は冷ましながら時間をかけて煮汁を身に吸い込ませます。
脂がのった美味しいきんめ鯛は煮上げた直ぐは味がぜんぜんしみていません。
また、数回煮汁を鯛の上から掛けます。これもしませんとつやも出ません。

たまに御客様できんめ鯛の煮付が冷たくがっかりした・・・投稿を見かけますが
当地では御祝いに熱々のきんめの煮付を出しますと長老からい一言「忙しくたってきんめの煮付は早くから煮てくもんだ」食通の方は半分残して翌日に煮こごりになったものを召し上がる、これがまたまた美味しいのです。
当館ではきんめ鯛は煮付が十分しみ込んだきんめ鯛の煮付です。


IMG_4987.jpg
この記事のURL | 川ばたオーナー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テレビ東京 ドライブ A GO GO
2009/12/04(Fri)
この記事のURL | ズガニ | ▲ top
| メイン |