河津川のずがに漁解禁
moblog_68dc0b98.jpg
ズガニ漁のカゴです。この捕獲方法は入口を上流に向けて仕掛ける方法です。
これから寒くなると、カゴの中に魚のアラを入れたものではなかなか寒くなるとズガニも
活性が下がり捕獲できないが、大きく成長したズガニはこれから河口付近に産卵に下り始めるので
カゴの中に誘導するように道を作るとエサなしで、大きくて美味しいズガニを捕まえることが出来る。

moblog_c492191d.jpg

no7kani20101021171222.jpg
スポンサーサイト
【2013/10/13 21:33 】 | ズガニ | page top↑
河津川のずがに漁解禁
河津川では秋のずがに漁が解禁しました。
う~ま~ぃと言ったらずがに汁。
塩ゆでしてもお鍋もこれからの旬の野菜で作るずがに鍋も最高に美味しいです。
ずがにの炊き込みご飯もおすすめで、ずがにの郷土料理は昔から受け継が親しまれてきました。

kani20101016095451.jpg
川ばた名物料理ズガニ汁。

no2kani20101021170613.jpg
【2013/10/03 21:46 】 | ズガニ | page top↑
ずがに釜飯
当館一押しずがに釜飯。ずがに釜飯
ずがに釜飯
【2012/11/13 19:47 】 | ズガニ | page top↑
ズガニあんかけチャーハン
金満腹さんに教えていただきました。
前にも紹介しましたが再度登場

IMG_08651.jpg

ズガニのあんかけチャーハン レシピ
IMG_1461.jpg
zuganicyahan12.jpg


☆ズガニあんかけチャーハンの材料
●カニ肉  カップ4杯  
●カニみそ  ”
●アスパラ 2本
●玉子白身 4個
●玉子黄身 4個
●長ネギ 1本
●ご飯

☆調味料
 鶏ガラスープ
 ゴマ油
 塩
 水溶き片栗粉
 醤油
 サラダ油
:;:;:;:;:;:;:;」:」;:;」;:
☆ズガニは塩茹でしてから身とカニみそを丁寧に取っておく、そのときの
甲羅は最後の飾り付けに使いますからそのままにしておきます。

☆はじめにチャーハンを作ります。
中華鍋にサラダ油を引き温め、玉子の黄身を炒め次にご飯を入れ炒めて
長ネギの刻みを入れ最後に醤油で味付け炒めます。(塩・コショウ等の
調味料は各自の好みで)
☆次にあんかけ作り
アスパラ、カニ肉、カニみそ、玉子の白身を入れ炒め鶏がらスープを入れ
熱し調味料で味を付けたところで、水溶き片栗粉を入れとろみを付けてできあがり。
先に作ったチャーハンの上にあんをかけ、ズガニの甲羅を見ばえ良く
飾り完成です。

金さんに、上海蟹で作る蟹チャーハンと同等な味と評価を頂きました。

【2012/10/04 19:10 】 | ズガニ | page top↑
土曜スペシャル『冬の列島あったか鍋紀行』
テレビ東京 テレビ北海道 テレビ愛知 テレビ大阪 テレビせとうち ほか
番組名は土曜スペシャル『冬の列島 あったか鍋紀行(仮)』
放送日は12月17日(土) 19:00~20:54(予定)
番組内容は、冬の食卓の代名詞は“鍋”を特集。
その土地土地に根付いた伝統的な味覚と、旬の食材をふんだんにつかった
鍋は身の心も温まります。そんな旬の食材と鍋を求めて、東北から中国地方まで日本全国を旅しながら旅先の情報や地元の方との触れ合いなど、心温まる旬の「冬の鍋」を届ける番組に当館が紹介されますのでお知らせいたします。
DSC05593_convert_20111213205737.jpg
【2011/12/13 20:52 】 | ズガニ | page top↑
河津川の名物
河津川の名物、ずがにです。
夜に小雨が降ったので仕掛けの籠に入ってました。
河津のずがにはこれからが身がしまり美味しくなりますが、
寒くなり始めると捕まえるのが大変になります。
夜に雨が降ったり寒さが緩むと石の下から出てきて籠に入ってくれるのです。
私はこの時期から籠の仕掛けには餌を入れずに入口を川上に向けて上流から産卵で海に下るずがにを捕ります。
今のずがには秋口に魚のアラを餌にして捕まえたものより数倍身がしまり甘みも出て美味しくなるのです。河津川のずがには天城連山から湧水が源流を下りその綺麗な水で蟹は育つので、ずがにを茹でると真っ赤になるのが特長です。
食べると濃厚なミソと爪や足の先まで美味しく味わうことができる蟹です。
私の御奨めはずがに汁が一番で「ずがに汁を食べりゃ3年ぐりゃ長生きするだらょ」とお年寄りから聞いたことがありますし以前は自給自足で川からの取れる高タンパク源だったのかと思います。
kani20101126075215.jpg
【2010/11/25 22:50 】 | ズガニ | page top↑
ずがに漁


今日はずがにが1匹でした。残念
雨まちです。
【2010/11/12 22:07 】 | ズガニ | page top↑
ずがに料理
ずがに料理始めました。(伊豆河津 ファミリー&リゾート川ばた 

kani20101016095218.jpg
kani20101016095451.jpg
kani20101016100004_20101016100114.jpg
DSC03044_convert_20101016095855.jpg
【2010/10/15 22:49 】 | ズガニ | page top↑
テレビ東京 ドライブ A GO GO
続きを読む
【2009/12/04 21:42 】 | ズガニ | page top↑
ズガニ
20081111192459

ずがにの塩茹で、メスに比べてオスは大きく
ツメも大きく毛も多くあります。
食べたら絶対にメスが美味しいですね。
このオスとメスは大きさがだいぶ違いますが
小さくてもメスがうま~いです。
【2008/11/10 22:25 】 | ズガニ | page top↑
地魚の舟盛
20081103185426.jpg地魚の舟盛に河津のズガニ鍋。
20081103185448.jpgズガニの塩茹で
zugani124.jpg

20081103185848

本日の舟盛アップしてみました。
地魚はカンパチ、ホウボウ、ムツ、ヒラメ、アジの盛り込み。
【2008/11/03 21:58 】 | ズガニ | page top↑
河津川のズガニ
「川ばた」ズガニ料理の紹介TV放送予定です。
テレビ放送で伊豆急ケーブルネットワークの「いい伊豆みつけた」でごらんできます。
また、千葉テレビでは10月27日PM1:30~、テレビ埼玉では10月29日PM2:30~、テレビ神奈川では10月31日AM11:00~、静岡朝日テレビでは11月2日AM5:20~30分 観光、グルメの中で紹介されます。
パソコンTVはGyaOで11月5日より配信
「噂の味覚特捜隊カズ&アイ(伊豆デ味覚ノ秋ヲ堪能セヨ)の放送予定のようです。
今までズガニ特集でテレビ東京「内山水産」や「元祖でぶや」でズガニ獲り名人ででました。
また、金満腹さんから上海蟹に似た河津のズガニでズガニのあんかけチャーハンの作り方を教えていただきました。
やはり料理のプロは違った、ズガニの身を出すのに本番前に金満腹さんと私たち夫婦で約1時間かけてやりました。中華の達人が教えてくれました。下拵え丁寧に中華鍋をあおり素材を順番に入れていためる早さは見事でした。
あんかけズガニチャーハンのレシピはこの中の宿ログにあります。また、検索でもヒットします。当館HPのメニューの釣り情報にも当時の写真がUPです。

                    
IMG_4613.jpg




 ファミリー&リゾート川ばた 宿ログ担当オーナー堤

【2008/10/18 22:20 】 | ズガニ | page top↑
ズガ二汁の作り方
究極のズガニ汁のレシピにはいります。

① ズガニをよく水洗いして甲羅をはがす。甲羅側にある黄色いミソはきれいに取って後に入れます。
甲羅にある目口から苦味が出るのでミソを大事に取ったら捨てる。

② 胴体側のエラと裏側のフンドシ(腹の三角の部分)も取りさり蟹をつぶし始める。よくつぶれたらすり鉢でじっくりすります。

③そこに昆布だし汁を入れ味噌汁量の味噌をとかし入れたらザルでこし数分置き別の鍋などに少しづつ移し変えて底に沈殿した殻を取り去る。

※これを数回して約1時間程ねかせます。

④ その後、甲羅から取った濃厚なミソを入れじっくり弱火で煮ます。

※沸騰させないように!
仕上げは取り立てのネギはこだわりの2センチでこのネギが重要な脇役。
グラグラ沸騰させたらアウト。はじめから作り直しになります。

次回は「川ばた」ズガニ料理がTV番組で紹介されるおしらせ。
【2008/10/12 23:16 】 | ズガニ | page top↑
河津でズガニ祭り始まる
今年も10月1日よりズガニ料理始めました。
このズガニ祭りは古くからおこなわれ、町内の河津川で取れる
ズガニ(モクズガニ)で上海蟹とにた種類で大変美味しく
常連のお客様に、秋の味覚として親しまれております。


IMG_4613.jpg
塩茹でと炊き込みご飯

IMG_4614.jpg
ズガニ鍋


IMG_4615.jpg
ズガニ汁


【2008/10/07 22:59 】 | ズガニ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
蟹獲りかご
20081029094134

河津川の秋の風物詩、ズガニ漁が解禁したのです。
おいしいズガニはいかがですか!

zugani124.jpg
【2008/10/02 21:41 】 | ズガニ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |